本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の特集ー広域計画から特集5 保健・医療の推進

保健・医療の推進

療養型病床群など調査研究を実施

保健・医療サービスの需要に対応するため、医療機関との協力連携を進めると同時に、保険医療に関する調査研究を行ないます。
これは、高齢化の著しい進行という厳しい環境の中、平成九年四月には地域保健法が施行され、地域に身近な一般的な保健サービスは町村が実施することになるなど、保健・医療サービス需要は、ますます高度化、多様化しているからです。
平成九年十二月に策定された木曽地域保健医療計画の主な内容では、「いつでも」、「どこでも」、「ひとしく」保健医療サービスが受けられる包括的な供給体制を目指し、保健医療従事者の確保、養成等を骨子として諸施策を推進することとしています。

調査研究内容
  • 保健医療
     理学療法士、作業療法士、歯科衛生士等の人材確保
  • 保健事業
     検診や保健施策の協同実施など
  • 保険制度
     介護保険、国民健康保険
  • 療養型病床群の建設の促進

休日及び休日夜間の一次救急医療

休日及び夜間の一次救急医療は、医師一名、看護婦一名を確保、県立木曽病院の施設の一部を借用し対応しています。
また、休日の昼間については、木曽医師会による在宅当番医制が実施されています。
ただし、今後、一次救急医療の先進地を調査するなど、将来の体制の検討が必要です。
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の特集ー広域計画から特集5 保健・医療の推進

このページは役に立ちましたか

 
このページについての要望等を入力して送信ボタンを押してください
印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.