本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の特集ー広域計画から特集4 福祉の推進

福祉の推進

老人ホーム木曽寮-サービスを一層充実-

老人ホーム木曽寮は、養護老人ホームと特別養護老人ホームの両方の機能を持った併設施設です。定員は115名、内訳は次のとおりですが、本来入所すべき要介護者、いわゆる入所待機者が相当数見受けられ、今後、町村や関係施設との連携を図りながら、適正な入所を進める必要があります。
  • 養護老人ホーム
     定員 76名
     ショートステイ 2名
  • 特別養護老人ホーム
     定員 32名
     ショートステイ 5名
本年4月からの介護保険の実施に伴い、木曽寮の特別養護老人ホームも、介護保険制度下のサービス供給施設という位置づけになります。
このため、広域連合では、人員体制の強化、施設・設備の計画的な整備などを行ない、利用者へのサービスの向上を図ります。
福祉の推進
1月13日に行われたまゆ玉づくり

老人ホーム入所判定委員会

-公正な判定を堅持-
 養護老人ホームの入所判定は、入所措置要否の判定基準に基づき、公正な判定を行ないます。このため、施設と町村間の積極的な情報交換を行ないます。
 委員は、医療、行政及び福祉施設などの代表六名で構成され、年二回の委員会は、九月と来年三月に開催を予定しています。

介護認定審査会-年94回開催・3千件を予定-

介護認定審査は、週2回、1年間に94回を開催、約3千件の審査を予定しています。
木曽地域における介護保険の認定審査は、公正で効率的な審査を目指して広域連合が行なっているものです。平成11年度の準備審査では1,514件、認定されました。
委員は、医療、保健及び福祉分野の代表10名で構成されています。
福祉の推進
認定審査会(連合事務局会議室にて)

集合住宅など調査研究を実施

女性の社会進出に伴う育児支援策や高齢化社会対策のため、広域的な事務と町村の在宅支援策との調整を図りながら、調査研究を行ないます。

調査研究内容
  • 児童福祉(未満時保育、長時間保育)
  • 老人福祉(集合住宅、グループホーム)
  • 介護サービス供給体制
  • 福祉ボランティァの活用
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の特集ー広域計画から特集4 福祉の推進

このページは役に立ちましたか

 
このページについての要望等を入力して送信ボタンを押してください
印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.