本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の地域振興課から国道19号の第2次調査報告書

「安心と安全の国道19号をめざして」第2次報告書
国道19号安全対策地域研究会より


名古屋市と長野市を結ぶ国道19号は、木曽地域を南北およそ80kmにわたって南北に貫き、幹線道路として観光や物流を支えています。同時に、地域住民の生活道路としての役割も担っています。
しかし近年、大型車両を中心に交通量が増大し、悲惨な交通事故とそれに伴う長時間の渋滞に悩まされています。


こうした木曽地域固有の課題を地域住民で解決していくため、平成14年度に郡内町村、県関係機関及び当広域連合により「木曽地域政策会議」が設置され、国道19号での交通安全対策が主要課題の一つとして選定され、平成15年11月にワーキングループ「国道19号安全対策地域研究会」を立上げ、現状や課題について調査研究を行ってきました。

国道19号の現状や課題を地域住民の皆様にも正しくご理解いただくために、平成16年3月にはそれまでの中間まとめとしてパンフレット『安心と安全の19号をめざして』を作成し、木曽郡内の皆様にご覧いただきました。

そのパンフレットをもとに郡内全町村において「国道19号安全対策に係る住民意見交換会」を開催し、住民の皆様からお寄せいただいたご意見、ご提言等を整理し、課題に対する現段階までの取り組み状況等を調査するとともに、関係機関への要望事項をまとめたものが、今回の報告書です。

安心で安全な国道19号をめざして、今後、要望事項について国土交通省等関係機関に要請を行い、今後の状況についても、順次地域住民の皆様にお伝えしてまいります。

なお、本報告書の作成にあたっては、木曽警察署及び飯田国道事務所など関係機関の皆様のご協力をいただきました。誠にありがとうございました。


※下の一覧表の「サイズ」欄に表示されている数字をクリックすると、各ページが表示されます。

内容ページサイズ
表紙 24KB
はじめに 53KB
目次 26KB
木曽郡内の各町村で、国道19号安全対策に係る住民意見交換会を開催しました。50KB
ポストコーン(1~)252KB
道路構造・道路改良70KB
木曽かめ君76KB
信号機・交差点59KB
運転マナー等60KB
社会実験、大型車両対策64KB
 同上54KB
 同上76KB
 同上1058KB
右折レーン/交通取締1158KB
木曽川右岸道路1253KB
木曽路の事故類型とハザードランプ点灯1342KB
 同上1454KB
チェーン規制15(~16)71KB
情報提供の充実1667KB
 同上1765KB
環境・騒音対策1854KB
 同上1964KB
恵那山トンネル2056KB
 同上2156KB
 同上2266KB
裏表紙(問い合わせ先) 32KB

関連リンク
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の地域振興課から国道19号の第2次調査報告書

このページは役に立ちましたか

 
このページについての要望等を入力して送信ボタンを押してください
印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.