本文へジャンプ

平成23年度人事行政の運営等の状況の公表について

平成24年8月31日 掲載

 「人事行政の運営等の状況の公表に関する条例(平成19年木曽広域連合条例第16号)」第6条の規定により、
平成23年度における当広域連合の人事行政の運営等の状況について下記のとおり公表します。


1 職員数及び職員の給与の状況

(1) 職員数の状況(平成23年4月1日現在及び平成24年4月1日現在)

区分 職員数 対前年比主な増減理由
23年度 24年度
連合長部局67人64人△3人退職4人 採用1人
消防長部局66人67人 1人採用1人
133人131人 △2人 
 ※特別職は含みません

(2) 人件費の状況(平成23年度決算)

木曽郡の人口
(平成24年3月1日現在)
歳出額
(A)
人件費
(B)
人件費率
(B/A)
30,414人6,418,283千円1,127,865千円17.57%
  ※1 人件費は、決算における人件費の総計で、非常勤特別職の報酬、職員の給与、
    退職手当負担金などを含みます。

(3) 職員給与費の状況(平成23年度決算)

給与費 1人当たりの
給与費
給料職員手当期末・勤勉手当
505,032千円110,568千円182,775千円798,376千円6,083千円
  ※1 給与費は特別職を含まない一般職員への支給額です。  ※2 職員手当は退職手当を含みません。
  ※3 1人当たりの給与費は、給与費の計を平成23年度中の在職職員実数で除した額です。

(4) 職員の平均給料月額(平成23年4月1日現在)

平均年齢 平均給料月額 平均給与月額
44.5歳318,900円369,900円
  ※1 平均給料月額とは職員の基本給の平均です。 
  ※2 平均給与月額には住居手当、通勤手当、時間外手当等を含み、平成23年度の給与実態調査で
      報告されたものです。 

(5) 職員手当の状況(平成23年度)

区分特定管理職以外特定管理職
支給期期末手当勤勉手当期末手当勤勉手当
6月期1.225月分0.675月分1.025月分0.875月分
12月期1.375月分0.675月分1.175月分0.875月分
2.600月分1.350月分2.200月分1.750月分

(6) 職員の初任給の状況

区分 月額
高校卒140,100円
大学卒172,200円

(7) 級別職員数(平成23年度4月1日現在)

区分 職員数
1級  5人
2級  6人
3級94人
4級15人
5級12人
6級  1人

(8) 特別職の報酬等の状況

区分報酬月額期末手当
支給割合
区分報酬月額期末手当
支給割合
副管理者555,000円  6月期 1.4月分

12月期1.55月分
連合長16,000円支給なし
代表副連合長12,000円
副連合長8,000円
議長15,000円
副議長12,500円
議員10,000円



2 職員の勤務時間その他勤務条件の状況

(1) 勤務時間、休憩時間の状況

勤務時間 休憩時間 週休日・休日
始業時間終業時間
午前8時30分午後5時15分正午~午後1時 土曜日及び日曜日 
   
 祝日法に規定する休日
  
 12月29日から1月3日   

(2) 年次休暇の状況

制度の概要平均取得日数
     1年に20日付与
      (翌年に繰越し可能で、繰越し分を含めて最大40日)
10.9日

3 分限及び懲戒処分の状況(平成23年度)

分限処分なし
懲戒処分なし


4 職員の研修の状況(平成23年度)

研修区分 受講者数 研修内容
市町村職員研修センター研修       12人中堅行政職員研修  係長研修  部課長研修 
議会書記研修 人事・給与管理事務研修
コーチング研修 カウンセリング・マインド研修
専門研修
消防      21人 
木曽寮   101人
木曽cc     1人
専門知識及び技術などの習得のための研修
  消防    消防学校ほか
  木曽寮   感染症、食中毒予防研修ほか
  木曽cc   廃棄物処理施設技術管理者講習
その他39人人事評価制度周知研修
 ※受講者数は延べ人数です。


5 職員の福祉及び利益の保護の状況(平成23年度)

区分 受診者数 内容
健康診断54人年1回(非常勤職員含む) 夜勤者は年2回  潜水士健康診断 年1回
人間ドック111人30歳以上の職員

6 公平委員会に係る業務の状況(平成23年度)

 勤務条件に関する措置要求及び不利益処分に関する不服申立てについては該当なし

 担当課:総務課