本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の環境課の中のリサイクルの中のリサイクルからガラスびんのリサイクル方法

ガラスびんのリサイクル回収方法が変わります。(木曽町、木祖村、王滝村の方々へ)

ガラスびんは、今までラベルをはがしてリサイクル回収日に出す事になっていました。
平成15年12月1日からは「はがしにくいラベル」はそのまま、中を洗って出す事ができます。

出し方については、次の3つのルールを守ってください。
ルール1「キャップをとる」ルール2「中を洗う」

ルール3「あきびん以外のものをまぜない」
下に掲げるものは空き瓶ではありません。不燃ごみとして回収日に出してください。
蛍光灯だけは割れてない状態で「蛍光灯」としてリサイクルできます。
ガラスびんのリサイクル方法
耐熱ガラス
板ガラス
陶磁器石キャップガラス食器
(クリスタルガラスなど)
農薬ビン
劇薬ビン
電球・蛍光灯
(ほうけい酸ガラス)
ガラスびんのリサイクル方法
  1. ガラス製の鍋、皿等の耐熱ガラス、板ガラスは、
  2. 化粧品などが入っていた乳白色のビンは、ガラスびんの原料にできません。
  3. 割れたビンは、不燃ゴミの日に、危険のない状態で出してください。
  4. 農薬、劇薬が入っていたビンは、資源化の過程で有毒なガスを発生する恐れがあります。
あきびんは色分けをして出してください。

担当課:木曽広域連合木曽クリーンセンター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の環境課の中のリサイクルの中のリサイクルからガラスびんのリサイクル方法

このページは役に立ちましたか

 
このページについての要望等を入力して送信ボタンを押してください
印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.