本文へジャンプ

住宅用火災警報器は設置されましたか?

平成28年2月26日掲載

住宅用火災警報器を設置しましょう!

消防法が改正され、全ての住宅に住宅用火災警報器等の設置が義務づけられています。
平成18年5月31日以前に建てられた住宅であっても、木曽広域連合火災予防条例によって定められています。
Q 「住宅用火災警報器」は、どこに取り付けたらいいの?
 
寝室と階段室に取り付けましょう。

また、居間や台所は、義務ではありませんが取り付けておけば安心ですね。
設置方法図

Q 「住宅用火災警報器」は、どこで購入すればいいの?
建築士会、ホームセンター、ガス販売店、電気店、防設備会社などで販売しています。

火災警報器の種類には、機能などにより様々なタイプがあります。

価格は、2,000円~10,000円程度です。詳しくは販売店でお尋ねください。

日本の法令に適合した日本消防検定協会の「NSマーク」の付いた商品を選びましょう!
 
消防検定協会のマーク

Q 訪問販売はしているの?
訪問販売はしていません。
消防署や市町村の職員が個人宅を訪問し、住宅用火災警報器のあっせんや販売を行うことはありません。また、特定の業者に販売を委託することもありません。悪質な訪問販売等にはご注意ください。

Q 乾電池はどれくらいの寿命
乾電池式の住宅用火災警報器は3~5年で乾電池の寿命が切れます。
乾電池の寿命が近ずくと、音やランプで知らせてくれます。
定期的に作動テストを行い、適切に作動するようにしましょう。
また、ホコリが原因で正常に作動しない事もありますので、注意しましょう。


Q 住宅用火災警報器はどれくらいの寿命?
住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命等により正常に作動しなくなることもありますので、長期間使用している場合は、交換をお奨めします。
一度にすべての住宅用火災警報器を交換するのではなく、計画的に交換してはいかがでしょう。



住宅用火災警報器のリコール情報
製造業者名  リコール対象品/不具合等の概要
ホーチキ株式会社
住宅用火災警報器(SS-2LIA-10HC

 有効期限データの誤設定により,使用開始後一定期間で故障警報が鳴動する不具合が判明。
 ヤマトプロテック株式会社  けむぴー(YSA-510VT等)

 使用部品の不具合により,誤警報又は誤故障報が鳴動する場合がある。
 ヤマトプロテック株式会社  けむぴー(YSA-210等)

  短期間で電池切れとなる可能性がある。
 東芝ライテック株式会社 なるるミニ煙式

 短期間で電池切れとなる可能性がある。
 日本フェンオール株式会社  煙雷

 火災感知の機能に不具合が発生していないにもかかわらず,故障警報が鳴動する可能性がある。
 株式会社センチュリー  ねつの見張り番(鑑住番号1941号 一部商品)

 低温にて自動試験異常を発する可能性がある。
 マックス株式会社
  火無安全「かないあんぜん」 

 短期間で電池切れとなる可能性がある。


参考

問い合わせ先

木曽消防署本署TEL 0264-22-0119
木曽消防署北分署TEL 0264-36-3119
木曽消防署南分署TEL 0264-57-3119