本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の広域消防から秋の火災予防運動

                       令和3年11月9掲載

 令和3年度 秋の火災予防運動の実施について


    この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、
   もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐ
   ことを目的とするものです。

 実施期間

   
         令和3年11月9日(火) ~ 11月15日(月) までの7日間

 全国統一防火標語

             おうち時間 家族で点検 火の始末 』

 重点目標

    (1) 住宅防火対策の推進
    (2) 乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進
    (3) 放火火災防止対策の推進
    (4) 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
    (5) 製品火災の発生防止に向けた取組みの推進
    (6) 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底

 住宅防火 ・ 命を守る10のポイント( 4つの習慣 ・ 6つの対策 )


    ★ 4つの習慣
 寝タバコは、絶対にしない、させない!
 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する!
 ガスコンロなどの側を離れるときは、必ず火を消す!
 コンセントは、ほこりを清掃し、不要なプラグは抜く!

    ★ 6つの対策
 ストーブやコンロなどからの火災を防ぐために、安全装置の付いた機器を使用する!
 火災の早期発見と逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する!
 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する!
 火災を小さいうちに消すために、消火器などを設置する!
 お年寄りや身体の不自由な人のために、避難経路や避難方法を確保する!
 防災訓練の参加や隣近所の協力体制などの、地域の防火対策を行う!

                          

 住宅用火災警報器を設置しましょう!


    平成23年6月1日の消防法関係法令等の改正により、すべての住宅に住宅用火災警報器の
    設置が義務化されました
まだ設置していない住宅は、設置しましょう!

    また、設置してある住宅は、万が一のときにしっかり作動するよう、日頃から点検をしましょう

                  

    ➤ 住宅用火災警報器の設置については、こちらをクリック

    ➤ 住宅防火関係【総務省消防庁】は、 こちらをクリック

 ゴミの野焼きは禁止されています!


    
野焼き(野外焼却)は、ダイオキシン対策のため、法律で禁止されています。
    違反者には 「 5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又はこの併科 」 が科されます。
     ただし、政令で例外とされている場合もありますが、近所迷惑となったり、法令違反とみなされる
    場合もありますので、控えられた方がよいでしょう。

    また、火災と見間違われるような紛らわしい行為は、消防署へ届け出なければなりません

    野焼きに関するお問い合わせは、各市町村窓口へお願い致します


 問い合わせ先


                木曽広域消防本部 予防係 電話番号 0264 - 24 - 3119

現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の広域消防から秋の火災予防運動

印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.