本文へジャンプ

                                    令和4年1月17日掲載

救急救命士の病院実習にご理解とご協力をお願いします!

 
  木曽広域消防本部では、一人でも多くの方の命を救うために、救急救命士の資格を有する職員の知識及び
 向上を目的とした病院実習を実施しています。

  救急現場において、適切で迅速な救命処置を実施するためには、日頃の訓練はもとより、医療機関における
 実習が必要です。

  実習するにあたっては、協力医療機関の医師の指導により実習させていただいています

救急救命士とは?

  
  救急救命士とは、急病やケガ人が発生した場所から医療機関へ搬送するまでの間に、傷病者を観察し必要な
 処置を施すプレホスピタルケア(病院前救護)を担う国家資格です。

  救急救命士が行う処置を『救急救命処置』といい、中でも気管挿管(気管へチューブを挿入した気道確保
 静脈 路確保(点滴、薬剤投与(アドレナリン・ブドウ糖)は、医師の具体的な指示を得ながら高度な救命処置と
 して実施します。

  木曽広域消防本部には、令和3年4月1日現在で25の救急救命士が、救急業務に従事しています。

                                                          

病院実習

  
  救急救命士は、国家資格を取得後、医療機関において知識及び技術の習得に努めなければ、救急現場におい
 て適切且つ迅速な医療処置を実施できません。

  その場に居合わせた人の応急処置も重要ですが、救急救命士の知識や医療技術の向上がなければ救命率の
 向上に繋がりません。

  また、救急現場における救命処置範囲も拡大されていることから、自己研鑽はもとより、高度な医療処置を学ぶ
 ため病院実習が必要です。


実習内容

  
  主な実習内容は次のとおりです。

  1.観察 ・ ・ ・ ・ ・  血圧測定、脈拍測定、心電図測定など
  2.静脈路確保   ・ ・ 点滴の実施
  3.気管挿管  ・ ・ ・ 手術室における気管挿管(気管へチューブを挿入する。)
  4.薬剤投与  ・ ・ ・ 強心剤の投与など
  5.各種検査、処置、手術等の見学

協力医療機関

  
  木曽広域消防本部の救急救命士を受け入れてくれている協力医療機関は次のとおりです。

          長野県立木曽病院 ・ 慈泉会 相澤病院 ・ 国立病院機構 まつもと医療センター

問い合わせ先

                     
                 木曽広域消防本部 救急係 TEL 026424-3119