本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の文化公園から一般・看護師等奨学資金募集について

平成30年度木曽広域連合奨学資金 奨学生募集のお知らせ

平成29年11月21日 掲載

木曽広域連合では、平成30年度の一般奨学生と看護師等奨学生を下記のとおり募集します。

1 募集する奨学資金の種類

(1)一般奨学資金

進学の意欲と能力を有しながら経済的理由により修学が困難な方に対しての奨学資金制度です。

(2)看護師等奨学資金

木曽圏域の医療施設(※注)に勤務する意思のある方で看護師・准看護師の養成施設に進学・在学する方に対しての奨学資金制度です。

※注)木曽圏域の医療施設
  • 長野県立木曽病院
  • 医療法第7条の規定により許可を受け、又は同法第8条の規定により届出をした木曽郡内の診療所
  • 国民健康保険坂下病院

2 募集概要

(1)応募対象者

① 一般奨学資金
次の全てに該当する方が対象となります。

ア.木曽郡内に住所を有する者の子又はこれに準ずる者
イ.学校教育法に規定する大学(短大含み通信制課程及び大学院は除く)、高等専門学校(第4学年以上に限
  る)及び同法規定の専修学校(高等課程を除く)(以下「学校」という。)に平成30年4月1日時点で在学又は進
  学予定の者
ウ.経済的理由により修学に困難があると認められる者
エ.品行方正、学力優秀、志操確実かつ心身が健全な者


② 看護師等奨学資金
次の全てに該当する方が対象となります。

ア.木曽郡内に住所を有する者の子又はこれに準ずる者
   木曽郡外の方でも木曽郡内の看護師養成施設に入学する予定の者、また、在学している者であれば応
     募可能です。ただし、貸付が決定した場合は、卒業後直ちに木曽圏域の医療施設に勤務することを誓約
     していただきます。
イ.保健師助産師看護師法に規定する看護師及び准看護師の養成施設(以下「養成施設」という。)に平成30年
  4月1日時点で在学又は進学し、看護師等の免許取得後直ちに木曽圏域の医療施設に勤務する意思を有す
  る者
ウ.品行方正、学力優秀、志操確実かつ心身が健全な者
 

(2)申請受付期間

平成30年1月31日水曜日まで
郵送の場合、当日消印有効

(3)申請方法

申請書を木曽広域連合(木曽文化公園)に持参又は郵送で提出ください。

尚、郵送の場合は必ず簡易書留でお願いします。 又、郵送等による事故については、一切責任を負いません。

(4)申請書類

① 申請書類【様式第1号 (一般奨学資金 (看護師等奨学資金

② 添付書類
  〇奨学生推薦調書【様式第2号 (一般奨学資金 (看護師等奨学資金
  〇学業成績証明書
  〇在学証明書又は入学証明書
  〇家族の所得証明書

(5)貸付額

一般奨学資金、看護師等奨学資金とも4月上旬と10月上旬に半年分を貸与

① 一般奨学資
  月額2万円以上5万円以内

② 看護師等奨学資金
  月額5万円以内

(6)貸付期間

一般奨学資金、看護師等奨学資金ともに学校又は養成施設の修業期間

(7)貸付人数

一般奨学資金、看護師等奨学資金ともに若干名

(8)奨学生の決定・償還方法

決定
一般奨学資金、看護師等奨学資金ともに平成30年3月までに決定し本人に通知します。

償還方法
①一般奨学資金
  ・学校卒業、または、貸付が終了した日の属する月の翌月の12ヶ月後から、貸付を受けた期間の3倍の期間内
  に月払・半年払・年払のいずれかの方法で償還

②看護師等奨学資金
  ・養成施設卒業、または、貸付が終了した日の属する月の翌月の12ヶ月後から、8年以内の期間内に月払・半
  年払・年払のいずれかの方法で償還
  なお、養成施設を卒業後、ただちに木曽圏域の医療施設に就職し、その後3年以上勤務した場合は、借入額 
  全額の償還を免除

(9)奨学資金内容

① 一般奨学資金      奨学資金貸付条例         奨学資金貸付条例施行規則 

② 看護師等奨学資金   看護師等奨学資金貸付条例   看護師等奨学資金貸付条例施行規則

3 問い合わせ先

募集に関する詳細については下記へお問い合わせください。

木曽広域連合 木曽文化公園  木曽郡木曽町日義4898-37 TEL 0264-23-8011


現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の業務内容の中の文化公園から一般・看護師等奨学資金募集について

このページは役に立ちましたか

 
このページについての要望等を入力して送信ボタンを押してください
印刷用ページ
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護方針
Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.