本文へジャンプ
サイトマップ文字サイズ
文字縮小文字標準文字拡大
総務課地域振興課健康福祉課環境課木曽広域消防情報センター
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の議会の中の平成17年から平成17年第1回(2月)定例会 議案概要

平成17年第1回(2月)定例会議案概要

委員長報告の概要

環境常任委員会から2件の調査結果の報告がありました。

火葬後収骨における骨壷素材の選択性について(8月30日本会議付託)

平成16年11月25日(木) 午後0時30分~午後0時50分に開催し、「施設使用料・骨壷の仕様等種々の状況を勘案し、骨壷は利用者の持込として実施することが望ましい。」との結論になりました。

ごみ処理手数料の改定について

平成17年1月28日(金) 午後3時~3時50分に開催し、付託案件ではないため、説明を意見交換を行いました。


一般質問の概要

通告 1番

質問者:中村今朝男 議員(上松町)
質問項目:県立木曽病院の診療対策について
質問の要旨(質問は要約されています):
 
  1. 広域連合が病院側との情報交換を進める用意はあるのか。
  2. 医師が定着できる環境整備に協力する事はできるのか。
  3. 医師確保のための情報網の確保はできるのか。
H17_2定例会質問

質問の答弁(答弁は要約されています)

  1. 休日夜間の一次救急医療を通じて、年2回程度、意見交換の場を設けており、医師の確保が困難である旨の状況も聞いております。また、16年10月には県知事に医師確保の要望もしております。
  2. 3.基礎的自治体の範疇かと考えるが、各町村と保健衛生に関係ある団体等と連携を深めながら、課題解決のため必要に応じて要請してまいります。

通告 2番

質問者:細川晴男 議員(木曽福島町)
質問項目:構成町村の経費節減に準じた広域連合の対応
質問の要旨(質問は要約されています):
 
  1. 事務事業の効率化を図るための民間委託等の計画はあるのか。
  2. 職員の定員管理等はどうなっているのか。
  3. 職員の士気を高め、公務能率増進のための勤務成績の評定はどのように行われているのか。
H17_2定例会質問

質問の答弁(答弁は要約されています)

  1. 木曽寮調理業務の委託を本年度から実施。また今後は、葬祭センターを計画対象として検討をしていく事となりました。
  2. 16年度に10名の退職者がありますが、職員補充はゼロとしております。今後も極力補充しない方針であり、必要な時は町村との連携により適材適所に努めてまいります。
  3. 人事評価は県内町村での実施率が17.5%。郡内では楢川村が14年度に1年実施した経緯はあるが、現在実施町村はなく、今後、基礎的自治体の動向を見ながら導入も検討してまいりたい。

通告 3番

質問者:深澤衿子 議員(木祖村)
質問項目:ごみのポイ捨て禁止条例の制定を早急に
質問の要旨(質問は要約されています):
  • 以前にも同様の質問をしたが動きがない。より良い「木曽」とするために制定に向けて是非取り組んでもらいたい。
H17_2定例会質問

質問の答弁(答弁は要約されています)

  • 趣旨には大賛成です。条例制定の当事者は広域連合か基礎的自治体であるのか充分検討して、町村と連携をとりながら議論・検討を進めてまいりたい。

議案の概要

平成16年度補正予算の概要

議案第10号 平成16年度木曽広域連合一般会計補正予算(第3号)

歳入歳出予算の総額から1億406万2千円を増額し、総額を28億7196万4千円とする。

  • 主には合併による脱退村への基金の返還 △1億3492万円、脱退村からの清算金の積立2118万円、整理補正の多額なもの等があります。

議案第11号 平成16年度木曽広域連合木曽寮特別会計補正予算(第2号)

歳入歳出予算の総額から818万6千円を減額し、総額を2億1872万4千円とする。

  • 主には人事異動による人件費の減額補正です。

議案第12号 平成16年度木曽広域連合汚泥集約センター特別会計補正予算(第2号)

歳入歳出予算の総額から5940万円を増額し、総額を1億4294万6千円とする。

  • 主には償還金補助金の確定による増額です。

議案第13号 平成16年度木曽広域連合介護保険特別会計補正予算(第2号)

歳入歳出予算の総額に968万円を増額し、総額を29億5908万1千円とする。

  • 主には介護サービス給付費の増額です。

条例改正の概要

楢川村の合併に伴う事務受託

議案第14号 塩尻市と木曽広域連合の事務の受託について

  • 塩尻市との事務受託で、受託内容は楢川村で行っている8事務です。

議案第15号 可燃ごみ処理事務の受託について

  • 塩尻・朝日衛生施設組合との事務受託で、受託内容は楢川村で行っている可燃ごみの処分事務です。

議案第16号 消防事務の受託について

  • 松本広域連合との事務受託で、受託内容は楢川村で行っている消防事務等です。

楢川村の合併に伴う条例改正

議案第9号 広域連合議会委員会条例の一部改正について

  • 楢川村議会議員3名が所属していた、各委員会の定数を各1名ずつ減少するものです。

議案第17号 消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正について

  • 管轄区域から楢川村を削り、受託地域として「楢川村の区域」を加えるものです。

議案第18号 介護保険条例の一部改正について

  • 関係条文から楢川村を削るものです。

議案第19号 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について

  • 処理区域から楢川村を削り、受託地域として「楢川村の区域」を加えるものです。

公平委員会の共同処理に伴う例規整備

議案第20号 長野県町村公平委員会の共同設置について

  • 合併の進展により町村数が減少し、郡単位での公平委員会事務の非効率化が予想される事から、長野県を単位とした共同設置をするものです。

議案第21号 職員定数条例の一部改正について

  • 公平委員会事務の共同設置による公平委員会事務の廃止によります。

正副連合長・収入役の報酬の一時停止

議案第22号 特別職の報酬で非常勤の者の報酬条例の一部改正について

  • 主には、正副連合長、収入役からの自発的な報酬の停止決定により改正するものです。

財務関係条例の整備

議案第23号 ふるさと市町村圏基金条例の一部改正について

  • ふるさと基金のハード事業への運用拡大を図るために改正するものです。

議案第24号 特別会計条例の一部改正について

  • 汚泥集約センターが整備された事に伴ない特別会計を廃止するものです。

組織再編による条例改正

議案第25号 事務局設置条例の一部改正について

  • 事業整備が整ってきた事による広域振興課、地域創造課の統合により改正するものです。

平成17年度当初予算の概要

議案第26号 平成17年度木曽広域連合一般会計予算

歳入歳出予算の総額を25億3407万9千円とする。
(予算概要説明書・PDFファイルで21ページ、611KB)

議案第27号 平成17年度木曽広域連合木曽寮特別会計予算

歳入歳出予算の総額を2億1829万6千円とする。
(予算概要説明書・PDFファイルで3ページ、81KB)

議案第28号 平成17年度木曽広域連合介護保険特別会計予算

歳入歳出予算の総額を27億6237万9千円とする。
(予算概要説明書・PDFファイルで9ページ、224KB)
現在位置:Topの中の木曽広域連合の中の議会の中の平成17年から平成17年第1回(2月)定例会 議案概要

Copyright(c)Kiso Regional Union All right reserved.