English | 中文簡体 | 中文繁體 | 한국어
文字サイズ変更
文字拡大文字標準文字縮小
温泉・宿泊グルメ・お土産遊ぶ歴史・文化体験する観光案内
現在位置:Topの中の木曽路.comの中のワンショットからワンショット2014 02

3月28日(金) 送別の春

3月も年度末になりました。

3月は別れと出会いの季節ですね。

多くの学校や職場で、卒業式や離任式が執り行われている頃かと思います。
木曽にもようやくあたたかい春がきております。外へ出たくなるような陽気に誘われ、散歩でもしたくなります。
今年も木曽路11宿ウォーキングが予定されております。一緒に木曽路の旬を歩きませんか?

3月25日(火)   木曽路の春

3月下旬、春分もすぎ「ふきのとう」が顔を出してきています。

ふきのとうの天ぷら、ふきみそ、ふきをいれた味噌汁などをたべると、口いっぱいに春を感じられます。

ふきのとうを見つけては、夢中でつんでいると、手の指先にまでふきのとうの香りがつきます。
目でみて、香りで味わい、食べてみて、ほろ苦さの中から春のおとずれを少しづつ感じられる時期になりました。

3月18日(火) 名古屋旅祭り盛況

15日(土)、16日(日)と「旅祭り名古屋」イベントに参加してきました。

木曽路・伊那路観光連携会議の合同企画で出店、パンフレット配布、観光案内をしてきました。

多くの方が見にこられていて、大変な盛況でした。
木曽路のパンフレットを見て興味を持たれている方が多かったです。春の木曽路、花爛漫の季節にぜひお越しいただければと思います。

3月14日(金) 名古屋イベント参加「旅まつり名古屋」

3月15日(土)、16日(日)で、春の一大イベント「旅まつり名古屋」が開催されます!
木曽は、伊那路・木曽路観光連携会議の合同メンバーで、PRに伺います。
全国各地・海外からの観光情報をはじめ、特産品、民芸品の販売を行う出展ブース、各地の郷土芸能の披露や観光PRを行う多彩なステージを展開するなど、名古屋市、久屋大通公園久屋広場・エンゼル広場に、“旅の楽しさ”“旅の素晴らしさ”が大集合します。

また今年も各地で活躍しているキャンペーンスタッフやマスコットキャラクターたちが集結して観光の見所等をPRします。来て・見て・食べて・体験することで皆様が全国各地や海外の国々へ旅行していただきたいというイベントです。「旅まつり名古屋2014」、皆様のご来場をお待ちしております。

3月12日(水) ぽかぽか陽気

ようやく木曽にも春がちかづいてきました。

道路わきにたまっていた2月の豪雪も、だいぶ消えつつあります。

最近まで三寒四温ならぬ、四寒三温のような木曽でしたが、早春の御嶽を仰ぎ見ながら、鳥の鳴き声に耳を傾けながら、いよいよ春だなあと実感する時期になりました。

3月7日(金) 「木曽のオリオン」再放送

平成26年3月8日(土) 午前 11:00~11:58
BSプレミアム 全国放送

好評につき1月に放送された「木曽のオリオン」、3月8日(土)に再放送されます。
木曽の天文台を舞台にしたドラマです。ぜひご覧ください。

3月4日(火) 春のあたたかさ

まもなく24節季のひとつ「啓蟄」をむかえます。

調べてみると、春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことであり、「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」には「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味があるそうです。

ふと、見上げると、蛍光灯のはじに虫がとまっているのを発見し、やはりそういう時期なんだとあらためて感心します。

3月3日(月) ひなまつり

3月3日はひな祭りですね。

木曽の各家庭でも、人形を飾りお祝いします。

過去に木曽福島観光協会でお祭りをした模様がありますので、木曽のお人形の様子をご覧ください。なかなかめずらしい人形も展示されていたようです。

2月28日(金) 2月最終日

今朝は、朝プラス2度の木曽でした。

朝、手袋もマフラーもコートも着ずに出てこれました。なんてあったかい朝なんだろうと思うほどです。

気のせいか、においも春の香りを感じます。
今年は、例年以上の大雪が続いた年でしたので、一段と春の訪れが待ち遠しいですね。

2月27日(木) 雪解けの季節

木曽はまだまだ気温が低く、早朝はマイナス10度くらいの日もあります。

しかし、今日は一日雨予想。

ただ、3月に入ると、例年ぐっと気温が上がってきます。
気温が全国平均より低い木曽地方は、桜の開花もかなり遅い為、4月中旬~5月上旬くらいまで場所によっては桜を楽しめます。都会からこられた観光客の方がよく言われるのが、「今年は2回花見ができた」と喜ばれます。

2月21日(金) 春の訪れを待つ楽しみ

今年は大雪で、残念ながら木曽はまだ春の気配が感じられません。

しかし、木曽の山々で気温が上がって春めいてくると、まず目に入るのは、ダンコウバイやフクジュソウをはじめとする黄色です。それから梅の白やピンクにかわり、4月下旬にかけて桜やハナモモの鮮やかな桃色です。

木曽の山に、ぱっと明るさがでてくる時期は、雪の白い風景とはまたちがった趣きがあります。山々の色の移り変わりを楽しめる春は、極寒の冬を乗りきったあとの木曽にとって、とっても待ち遠しい季節です。