木曽平沢 諏訪神社祭礼

木曽平沢 諏訪神社祭礼
実施団体 諏訪神社総代
行事実施時期 8月11・12日
文化財指定
開催場所 塩尻市
参考URL http://www.city.shiojiri.lg.jp/tanoshimu/manabinomichi/gakusyugaide/nakasendo3.html

概要

平沢に勧請した諏訪神社の本殿は、天正10(1582)年の武田勝頼と木曽義康の合戦で焼失、そののち寛永14年(1637)年に再建された。
現在の本殿は市有形文化財に指定され、全体に朱漆が塗られている。棟札によって享保17(1732)年に再建された。社葬は市天然記念物に指定されている。その境内の下には松尾芭蕉の句碑が立てられている。
「送られつ をくりつはては 木曽の秋」 芭蕉

行事の起源

天正10(1582)年
由来:建御名方命と八坂刀女命を主祭神