南宮神社例祭

南宮神社例祭
実施団体
行事実施時期 9月1週目の土・日曜日
文化財指定
開催場所 木曽町日義地区・宮ノ越宿
参考URL https://visitkiso.com/interests/25/detail/

概要

例祭は二日間かけて行われる。初日は、神社神輿と長持行列が宮ノ越地区全域を一日かけて練り歩き、夕刻には義仲館付近から打ち上げ花火が打ち上げられる。
二日目は、神社境内の土俵にて子供達による奉納相撲、また旭の瀧のふもとに常設される旭の舞台では、巫女による神楽舞の奉納が行われ神社拝殿では、氏子参列の元、宮司、禰宜により神事が厳かに斎行される。

行事の起源

例祭は年一回、祭神や神社に特別の由緒ある日に氏子総出で行われる祭りであるため、神社創建当時より行われていたと推測される。
当社の創建年月日は不明であるが、平安時代に木曽義仲公により現在の地に神社が遷されたと伝えられている。