English | 中文簡体 | 中文繁體 | 한국어
文字サイズ変更
文字拡大文字標準文字縮小
温泉・宿泊グルメ・お土産遊ぶ歴史・文化体験する観光案内
現在位置:Topの中の木曽路.comの中の木曽路の魅力の中の木曽路の魅力(宿場)
贄川宿奈良井宿宮ノ越宿福島宿上松宿須原宿野尻宿三留野宿妻籠宿馬籠宿落合宿木曽路の魅力(宿場)

石畳、千本格子、苔むす石仏や大樹。宿場の名残を見つめながら昔に帰る。

なにげなく通り過ぎる石畳の道も、石のくぼみを見つめれば、はるか昔、幾人もの旅人が踏みしめた温もりを感じます。

旅籠の古びた柱や囲炉裏で煤けた天井も、静かに眺めていれば、その枯れた木肌のあちこちに、江戸の香りや笑い声、人々の姿が染みついていることに気づきます。そしてふとした出会い、交わす言葉の端々に山里の温もりを感じます。

急ぎ足の旅よりも道草がてら、てくてくまわり道。
昔のままに、ゆっくりのんびり、ときには額の汗を拭きながら、そぞろ歩くのが木曽路にはとても似合います。

中山道宿場について

中山道宿場について

中山道とは江戸時代の五街道のひとつで、京と江戸を結んだものです。中山道は木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれ、参勤交代や大名や皇族のお輿入れにも盛んに利用されました。
全工程が約540kmの街道に69ヶ所の宿場が置かれ、そのうち11宿が木曽にあります。

木曽川に沿って険しい峠を越え、深い谷を抜け、山の底を縫うようにして伸びる木曽路。
遠い時代、旅籠の活気ある声が、行灯の灯火が、私たちの心にあたたかく響いてきます。

西国と東国とを結ぶ重要な街道だった中山道。河留めのおおい大井川や浜名の渡し、桑名の渡しなどがある東海道と違い、中山道は水の不便がほとんどないことから女性も多くこの道を歩きました。

美濃路から木曽十一宿へ

中山道の西の起点「京都三条大橋」を発ち、近江を経て美濃路の最東端、二十七番目の宿にあたるのが「落合宿」です。
落合宿には、美濃十六宿のうち唯一旧本陣が残されており、歴史の面影を今に伝えております。

十曲峠の近く「山中薬師」には、虫封じの薬師如来がまつられ、十曲峠の途中には島崎藤村が揮毫した「是より北 木曽路」の碑があります。

本陣

中山道の歴史

中山道宿場について

徳川政権は、慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦以降、江戸中心の道路網を全国的なものに発展させ、慶長6年(1601)には東海道に伝馬制を実施、翌年には中山道にも宿駅を設定しました。
さらに、江戸を起点とする主要な陸上交通路として、五街道(東海道・中山道・甲州道中・日光道中・奥州道中)の整備を進め、慶長9年(1604年)には、江戸日本橋を起点として、各街道に一里塚を築かせました。
 街道整備のため、幕府は万治2年(1659)に道中奉行を設置し、街道改修・整備、架橋、渡船、並木、一里塚、宿駅および人馬賃銭などの管理にあたらせるとともに、諸街道には関所を設け、人改め等を行いました。

これらの制度は、本来は公用旅行者・御用荷物を優先させるための制度でしたが、街道が整備されることにより、庶民の旅行も安楽となり、物資の流通・通信の発展、さらには文化の伝藩にとっても大きな役割を果たすこととなりました。
道筋は必ずしも一致していませんが、古代の東山道が中山道の基本となっています。中山道は、日本橋から北武蔵・上野国・信濃国・美濃国と諸国を通過した後、近江国草津宿で東海道と合流、京都に至ります。 古くは、信濃国木曽を通るため木曾街道、あるいは日本の中間の道というということで中仙道とも記されましたが、江戸幕府は享保元年(1710)、中山道として名称を統一することとしました。
東海道と中山道はともに江戸と京都を結ぶ街道ですが、江戸時代には東海道の方が交通量も多く、宿駅も大規模でした。
東海道の53宿、126里余に対し、中山道は67宿、139里と距離も長く、さらに木曽路をはじめとする山道や峠道が多いため、人馬の往来や継立が困難でした。
このため、参勤交代における中山道の利用は、東海道に比べて約四分の一程度でした。 しかし、将軍家に献上する宇治茶を運ぶためのお茶壺道中や、和宮の将軍家お輿入れなど姫宮方の通行には中山道が利用されました。

中山道 木曽路 十一宿場

贄川宿奈良井宿藪原宿宮ノ越宿
贄川宿奈良井宿薮原宿宮ノ越宿
福島宿上松宿須原宿野尻宿
福島宿上松宿須原宿野尻宿
三留野宿妻籠宿馬籠宿
三留野宿妻籠宿馬籠宿

地図から探す

木曽11宿場マップ
木曽路の魅力
贄川宿
奈良井宿
原宿
宮ノ越宿
福島宿
上松宿
須原宿
野尻宿
三留野宿
妻籠宿
馬籠宿