English | 中文簡体 | 中文繁體 | 한국어
文字サイズ変更
文字拡大文字標準文字縮小
温泉・宿泊グルメ・お土産遊ぶ歴史・文化体験する観光案内
現在位置:Topの中の木曽路.comの中の木曽路の魅力から木曽路の魅力(伝統)
木曽路の魅力(伝統)

受け継がれる伝統の技、節目を飾る祭り。
連綿と受け継がれる暮らしの生命に目をみはる。

幾重もの漆を塗り込めた木曽漆器、繊細な手技を尽くした木工品。
そして暮らしの知恵から生まれた山の味わい。
何代にもわたって受け継がれる木曽路の伝統は、今日もたくましく暮らしのなかに息づいています。

季節の節目を彩る素朴な祭り、時代絵巻のような絢爛の行列、伝説からうまれた舞や歌とあわせて、山国のゆたかな表情にふれるひととき。

連綿と受け継がれてきた歴史の温もりは、感動をもって旅をより印象深いものにしてくれます。


木曽の工芸品木曽の祭
 

木曽の工芸品

▲木曽漆器 ‐きそしっき‐
幾重もの漆を塗り込めた木曽漆器、繊細な手技を尽くした木工品。

▲ひのき傘
蘭は、古くから蘭笠と呼ばれるヒノキ笠の産地。風通しが良く。水にぬれると目肌がしまることから、日笠・雨笠兼用として農耕用に作られてきました。

▲ヒノキ木工品
美しい艶と芳香、そして水に強いヒノキ。お土産に喜ばれる暮らしの道具も豊富です。
 

▲曲物
薄くて剥ぎやすいヒノキの特徴を生かした曲げ物は独特の期の香と清潔感が人気です。

▲ネズコ木工品
伝統の下駄、民芸の花器、装飾材として使われる木曽五木のひとつネズコ。木理が緻密で黒褐色の色合いが特徴です。




 

木曽の祭

▲水無神社例大祭
街中を練り歩いた白木の大みこしを、23日夜に縦に横にと地面に転がし壊してしまう「みこしまくり」。天下の奇祭として知られています。

▲御岳教大御神火祭
全国から集まった御岳教の信者たちが霊峰・御嶽山の登拝と併せて行う壮厳な火祭り。

▲駒ケ岳神社例祭
上松町徳原地区の里宮で太々神楽を奉納。白い天狗の面をつけた四人が 舞う様は迫力満点。国の選択無形民 俗文化財に指定されていま

 

▲花馬祭り
鞍に花を飾った三頭の木曽馬が練り 歩く、豊作、家内安全などを祝う 活気あふれる祭り。最後は花を取り 合い、虫除として田の畦に、

▲木曽義仲旗挙げ祭り
子どもたちが松明かりを灯し歌を唄いながら義仲公の墓詣りをする徳音寺の行事。