お問い合わせ
サイトマップ
文字サイズ変更
 文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
こころのふるさと”木曽路”中山道こころのふるさと”木曽路”中山道
トップページこころのふるさと木曽路中山道とは?活動団体活動方針活動エリア
サイト内検索
活動エリア
エリアマップ
1.奈良井宿エリア
2.鳥居峠エリア
3.源流の里エリア
4.木曽義仲エリア
5.開田高原エリア
6.三岳秘境エリア
7.福島宿エリア
8.霊峰御獄山エリア
9.寝覚の床・小野の滝エリア
10.赤沢森林エリア
11.須原宿・野尻宿エリア
12.清流渓谷エリア
13.近代化遺産エリア
14.妻籠宿エリア
取り組みについて
こころのふるさと”木曽路”中山道とは?
活動方針
活動の課題
活動エリア
活動団体
活動推進体制
会則
事務局
関連団体リンク
木曽町木曽町上松町上松町
南木曽町南木曽町木祖村木祖村
王滝村王滝村大桑村大桑村
塩尻市塩尻市長野県長野県
中部地方整備局飯田国道事務所中部地方整備局飯田国道事務所
長野県木曽建設事務所長野県木曽建設事務所
長野県松本建設事務所長野県松本建設事務所
リンク

日本風景街道

風景街道中部地方協議会

木曽広域連合

木曽路.com

現在位置:Topの中の日本風景街道の中の活動エリア紹介から須原宿・野尻宿エリア

須原宿・野尻宿エリア

エリア内情報

見どころ

須原宿
須原宿
木曽十一宿のうち「須原宿」は、今もなお昔ながらの街並みが懐かしさを感じさせてくれます。

須原宿は木曽谷の中では一番古くに栄えた歴史ある宿場町です。宿場のなかでも道幅が広く、格子戸の街並みが残されています。

昔から清水が湧き、今も丸太をくりぬいた「水舟」が各所に置かれています。住民(須原宿景観形成住民協定運営協議会)により、水舟の改修がおこなわれています。

須原ばねそ(はね踊り)と定勝寺(国の重要文化財)が知られており、幸田露伴「風流仏」の舞台にもなった宿場です。
水舟製作の様
水舟製作の様
野尻宿
野尻宿
野尻宿は、中山道十一宿の中でも奈良井宿につぐ長さを誇っていました。外敵の侵入を防ぐために右左に曲がりくねった街並みが特徴で「七曲がり」と呼ばれています。

路地裏の細いわき道や昭和初期のものと思われる看板など、風情が感じられ好奇心もそそられる町並みです。
定勝寺(重要文化財)
定勝寺
須原宿にある定勝寺は、臨済宗妙心寺派に属し、木曽の最古刹です。本堂・庫裏・山門が桃山建造物として国の重要文化財に指定されています。

枯山水の鶴亀蓮爽庭園、春のシダレザクラ、秋のもみじが見事です。また、山門にあるシダレザクラは、樹齢推定400年で、山門を彩る淡い桃色の一本木です。
白山神社(重要文化財)
白山神社
一間社流造り、桧皮葺きなど古い様式の残る長野県最古の鎌倉建築で国の重要文化財に指定されています。

覆屋の中には、間口1mほどの熊野・伊豆・白山・蔵王という4つの社殿が並んでいます。
岩出観音
岩出観音
英泉の風景版画「木曾街道・伊那川橋遠影図」に描かれています。

清水寺に似た崖屋造りに特徴があります。
池口寺薬師堂(県宝)
池口寺薬師堂
弘法大師の作と伝えられる御本尊で有名。

裏庭にある33体の石仏や五輪塔も見逃せません。

現在、復元改修中で、平成22年3月に完成予定です
ページトップへ

イベント紹介

定勝寺お花祭り
定勝寺お花祭り
5月初旬、お釈迦様の誕生を祝い、子供たちが引く張子の白像の行進や、「須原ばねそ」が見られる伝統の祭り。

須佐男神社例祭
須佐男神社例祭
7月14、15日の2日間、御神輿行列や稚児の舞が行われます。

鹿嶋神社例祭
鹿嶋神社例祭
7月17、18日の2日間、御神輿、獅子舞、長持唄や「須原ばねそ」の踊りが行われます。

ページトップへ

施設・観光紹介

フォレスパ木曽
フォレスパ木曽
フォレスパ木曽は、グランドゴルフなどスポーツで体を動かし、天然温泉で汗を流しリフレッシュできる複合施設です。中央アルプスの大パノラマを見晴らす露天風呂と水着着用のバーデゾーンを備えています。

温泉は阿寺温泉恋路の湯。別名「美人の湯」と呼ばれる肌に優しい出湯。

客室と100畳もある大宴会場をそなえた宿泊施設「阿寺荘」では木曽の郷土料理と四季折々の地の心づくしのお料理でおもてなしいたします。
のぞきど森林公園
のぞきど森林公園
のぞきど森林公園は、標高1000mの高原にある深い自然を生かしたキャンプ場です。本格派から、気軽なデイ・キャンプなど、女性やファミリーまで幅広く楽しめます。
青空と緑に包まれた自然林の中に、たくさんの冒険体験施設が点在し、全長2kmの遊歩道や釣り堀があるほか夏にはブルーベリー狩りができます。
5月には園内8ヘクタールに咲き広がる赤や紫のつつじが見ごろを迎えます。
ページトップへ

大桑村 村花 しゃくなげ
しゃくなげ
夏の終わりにつく花芽は、厳しい冬を耐えて、初夏のころ淡紅色の見事な花を咲かせます。葉の濃い緑と対照して気品があり、清流、渓谷によく調和します。また庭園花木として広く親しまれています。
ページトップへ

郷土料理、特産品紹介

桜の花漬け
桜の花漬け
江戸時代の末頃からある須原宿の名物。

桜の花を塩漬けにしたものでお湯を注いでいただきます。

華やかで香りがよく、お祝いの席などで親しまれています。

ほうば巻き
ほうば巻き
米の粉を練った生地に小豆餡を入れ、ほうの葉でくるんで蒸して食べる郷土食です。

月遅れの端午の節句に昔から「ちまき」と一緒に食べられていました。ほうの木には殺菌作用があり葉も大きいので、昔は食材を包んだり食器代りとして使われていました。

ごへいもち
ごへいもち
つぶしたご飯を串焼きし、くるみ、ごま、えごまをベースにしょうゆ、砂糖で味付けしたたれをからめて香ばしく焼きあげる郷土食です。

昔は新米の収穫のお祝いとして作られ、大桑村独自の丸い形が特徴です。

ページトップへ

エリア内の活動団体

大桑村
須原宿景観形成運営委員会
活動団体が薦めるエリア内の見どころ
須原宿景観形成運営委員会
須原宿水舟

 
 
 
 
 
定勝寺本堂・庫裏・山門が国指定重要文化財1598年建立。桃山時代の代表的な禅宗寺院建築定勝寺花祭り 5月4日 白象行進がある。春のしゃくなげ、秋の山門の紅葉が見所。
鹿嶋神社例大祭 7月17・18日 神輿巡行がある。「あーげんまーしょ」「もーどしまーしょ」の掛け声に始まり、行きつもどりつ駆ける。
文学碑 正岡子規歌碑(本町)幸田露伴文学碑(駅前)
民謡踊り「須原ばねそ」600年前より継承されている。内容は「よいこれ」「竹の切り株」「須原甚句」の3部から成り別々の節と踊りがある。
名物 須原の花漬け 江戸時代より伝わり、八重桜の花を塩漬けにしたもので熱湯を注ぎ香りと味を楽しむ。幸田露伴の風流仏にも書かれている。
ページトップへ
木曽風景街道推進協議会
〒399-6101 長野県木曽郡木曽町日義4898-37 木曽広域連合地域振興課 tel 0264-23-1050