お問い合わせ
サイトマップ
文字サイズ変更
 文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
こころのふるさと”木曽路”中山道こころのふるさと”木曽路”中山道
トップページこころのふるさと木曽路中山道とは?活動団体活動方針活動エリア
サイト内検索
活動エリア
エリアマップ
1.奈良井宿エリア
2.鳥居峠エリア
3.源流の里エリア
4.木曽義仲エリア
5.開田高原エリア
6.三岳秘境エリア
7.福島宿エリア
8.霊峰御獄山エリア
9.寝覚の床・小野の滝エリア
10.赤沢森林エリア
11.須原宿・野尻宿エリア
12.清流渓谷エリア
13.近代化遺産エリア
14.妻籠宿エリア
取り組みについて
こころのふるさと”木曽路”中山道とは?
活動方針
活動の課題
活動エリア
活動団体
活動推進体制
会則
事務局
関連団体リンク
木曽町木曽町上松町上松町
南木曽町南木曽町木祖村木祖村
王滝村王滝村大桑村大桑村
塩尻市塩尻市長野県長野県
中部地方整備局飯田国道事務所中部地方整備局飯田国道事務所
長野県木曽建設事務所長野県木曽建設事務所
長野県松本建設事務所長野県松本建設事務所
リンク

日本風景街道

風景街道中部地方協議会

木曽広域連合

木曽路.com

現在位置:Topの中の日本風景街道の中の活動エリア紹介から奈良井宿エリア

奈良井宿エリア

エリア内情報

見どころ

是より南木曽路の碑
是より南木曽路の碑
桜沢に懸かる橋を桜沢橋と呼びます。古くから境橋といわれたように、ここを境に木曽路がはじまります。

橋のたもとには「是より南木曽路の碑」が建っており、その裏面には「歌ニ絵ニ其ノ名ヲ知ラレタル木曽路ハコノ桜沢ノ地ヨリ神坂ニ至ル南二十余里ナリ」と刻まれています。
奈良井宿
奈良井宿
難所の鳥居峠をひかえて「奈良井千軒」といわれた、木曽十一宿中最も賑わった宿場です。

町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、往時の面影を色濃く残しています。

また奈良井宿は中山道67宿中、江戸側の板橋宿から数えて34番目、京側の守山宿から数えても34番目であり中山道のどまん中の宿場町です。
漆工町木曾平沢
漆工町木曾平沢
木曽漆器の町。

暮らしの中に工房を構えた奥行きのある漆器店が軒を並べる独特の佇まいが、貴重な漆工町として、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

町並みは、沢山の漆器店が軒を連ね、この地ならではの伝統技術が人から人へ何世代にもわたり確かな形で受け継がれています。
贄川宿
贄川関所
贄川関所
中山道の人と物の往来を監視するために置かれた贄川口留番所で、女改め、白木改めなどの役割を担いました。明治はじめに取り壊されましたが、多くの文献をもとに昭和51年に復元されました。実際の場所は鉄道敷地内になっています。

中山道の交通に関わる資料などを展示しています。
重文深澤家住宅
重文深澤家住宅
深澤家住宅(屋号:加納屋)は、贄川宿の中心にあり伝統的町家の形を保っています。

嘉永七年建築とされ、国の重要文化財に指定されています。
中村邸
中村邸
天保の豪商・櫛問屋中村利兵衛の屋敷。その造りは、間口が狭く奥に深い出梁り造りで奈良井宿の典型的な町屋の様式を伝えます。

天保八年の奈良井宿大火直後に建てられ、現在、昔の趣をそのままに、市指定有形文化財として、一般公開しています。
大宝寺
大宝寺
首のない子育て地蔵の名を借りたマリア地蔵。大宝寺の墓地にたたずむその姿には、隠れキリシタンたちの悲しい歴史が刻まれています。
八幡神社
杉並木
八幡神社 杉並木
二百地蔵
八幡神社 二百地蔵
奈良井駅の上にある八幡神社への石段を右に折れると、杉の巨木が10数本並ぶ古道があります。この道は中山道であった当時からのもので、その並木道を進むと小さな祠とともに多数石仏がまつられています。これが二百地蔵で、実際には地蔵よりも観音像が多くまつられています。

その上にある八幡神社の本殿は、江戸時代末に建立された一間社流造で、拝殿の中に収められ、隣にはやはり江戸時代末に建築された舞屋があって、内部中央には廻り舞台も造られています。
ページトップへ

イベント紹介

木曽漆器祭・奈良井宿場祭(お茶壺道中)
木曽漆器祭
木曽漆器祭
初夏の木曽路を彩るビックイベント木曽漆器祭は、木曽漆器の主要産地木曽平沢地区を中心に楢川地区全域で展開されます。200余りの店舗で職人が精魂こめた逸品から掘り出し物にいたるまで大展示即売を行います。初夏の木曽路にお好みの漆器を探しにお出掛けください。

開催日時:6月第1金曜日~3日間
奈良井宿場祭
奈良井宿場祭(お茶壺道中)
木曽漆器祭と同日開催される奈良井宿場祭は最終日の日曜日に開催されます「お茶壺道中」が見ものです。その昔京都宇治から徳川家へ献上されたお茶壺の行列を再現します。
奈良井宿が江戸時代にタイムスリップする瞬間をお見逃しなく。

開催日時:6月第1金曜日~3日間 
(お茶壺道中は最終日、日曜日開催)
奈良井宿アイスキャンドル祭り
奈良井宿アイスキャンドル祭り
国の重伝建に選定された奈良井宿場内1kmにわたり約1,500個をこえるアイスキャンドルが灯り幻想的な景色が広がります。

振る舞い酒や豚汁のサービスなど地域住民による暖かいサービスも魅力の一つです。

普段とは一味違う奈良井宿をお楽しみください。
ページトップへ

施設・観光紹介

木曽漆器館
木曽漆器館
国指定重要有形民俗文化財「木曽塗りの製作用具及び製品」3,729点、人間国宝・人間県宝等の漆器作品を中心として、木曽漆器の製作工程や製品に関する道具類・作品・資料を展示しています。

楢川歴史民俗資料館
楢川歴史民俗資料館
木曽路宿場町の生活を伝える民具、家具をはじめ、宿場・旅籠関係の資料、鎮神社祭礼の道具類、江戸時代に主要産品であった塗櫛など郷土の歴史民俗資料を収蔵・展示しています。
上問屋史料館(重文手塚家住宅)
上問屋史料館(重文手塚家住宅)
手塚家住宅は、奈良井宿中町に位置し、重伝建奈良井保存地区を代表する町家建築のひとつで国の重要文化財に指定されています。

天保11年に建設された建物で、この家の家格や職業を反映した二つの入口をもつ左右対称の正面外観、主屋とほぼ同規模の座敷棟を備える点など奈良井宿では特異な建築的特徴を持っています。

手塚家は、近世を通じて宿の問屋役、同時に庄屋役を断続的につとめた家で、明治13年の明治天皇巡幸の際に行在所をつとめた家でもあり、主屋背後の座敷棟には上段の間が備えられています。

建造物全体とともに手塚家に残る近世・近代の史料群や書画骨董などを展示し、上問屋史料館として公開されています。
木曽くらしの工芸館
木曽くらしの工芸館
道の駅木曽ならかわ内にある木曽くらしの工芸館は木曽の自然とのかかわりの中から生まれてきた様々な文化を一同に終結。数百年にわたって受け継がれてきた技など木曽の暮らしに根づいた地場産業の魅力を紹介するとともに、新しい生活提案も行っています。

1998長野冬季オリンピック入賞メダルはここで製作されその工程とともに常設展示されています。

産地の特産品でいっぱいのならかわ市場が隣接します。
奈良井木曽の大橋 
奈良井木曽の大橋 
木曽の大橋は、樹齢300年以上のヒノキを使用した、奈良井川に架かる総檜造りの太鼓橋で、平成元年に着工し、3年の歳月と総工費3億3千万円余りをかけて完成しました。主桁の長さが33メートル、総幅6.5メートル、水面より橋の中央部までの高さが7メートルの大きな木橋で、橋脚を持たないワンスパンの木橋としては、その幅員が日本一となっている。橋の下部の木組からは匠の技を垣間見ることができ、迫力あふれ木のぬくもりを感じられる格好のフォトポイントとなっています。
ページトップへ

エリア内の活動団体

塩尻市
奈良井宿保存委員会
木曾平沢町並み保存会
NPO法人ビレッジならかわ
活動団体が薦めるエリア内の見どころ
木曾平沢町並み保存会
竹祭り昼中町竹祭り夜金西町
漆工町 木曾平沢は最も新しく国から認定された重要伝統的建築物群であり、その特徴は地場産業である木曾漆器と深く関係する町並みであるということです。
町並みは「アガモチ」といわれる家の前にあるスペースで、隣接する家屋の壁の一部が連続して望める特徴的な町並みになっています。

隣接する奈良井宿は、重要伝統的建築物群認定30年を誇る江戸時代の街並みで、様々な年代の建物の混在する漆工町木曾平沢とは別の趣があります。

木曾平沢の特徴的なお祭りとして秋に行われる「竹祭り」も近年では夜はキャンドルによるライトアップが行われ、各家に立て掛けられた竹と相まって幻想的な町並みを演出しています。また、例年6月には木曾漆器祭・奈良井宿場祭が地域を挙げて開催されています。
NPO法人ビレッジならかわ
私たちの活動地域である楢川地区は20054月の塩尻市との合併により誕生しました。同時に木曽郡楢川村は地図の上から消滅しました。行政の都合により地名は消滅しましたが、木曽郡楢川村として培ってきた文化や伝統は失っていません。

国の重要伝統的建造物群に指定された奈良井宿と漆工町木曾平沢を有し、奈良井宿は多くの観光客が訪れています。また漆工町木曾平沢は地場産業である木曽漆器の産地として全国に知られています。

地理的には木曽谷の入り口であり、新たに権兵衛トンネルにより伊那谷とのアクセスも便利になっています。
ページトップへ
木曽風景街道推進協議会
〒399-6101 長野県木曽郡木曽町日義4898-37 木曽広域連合地域振興課 tel 0264-23-1050