木曽町立日義小中学校
ホーム学校だより学校案内給食献立年間行事予定活動紹介

校歌

日義小学校

尾崎喜八作詞
平井康三郎作曲


ふるい歴史に 名も高い木曽の谷まの宮ノ越
みどりの里に勉学の窓を光らす学校よ
ピアノのしらべ歌の声ぼくらの日義小学校


かよう山道村の道 長い国道いくまがり
先祖のふんだその道を ひらくみんなの勉学よ
日に日に進む世の中に おくれずぼくらあゆむのだ


冬は高原雪すべり 春はたのしい山遊び
かがやく夏の水泳に 秋はもみじの木曽谷よ
月夜の光星の空 朝ぎり燃えるうつくしさ


今日もたのしく学校へ いそぐぼくらやわたしらの
ひたいを照らし顔なでる 木曽の春日よ朝風よ
希望の門もひろびろと ひらいた日義小学校

日義中学校

尾崎喜八作詞
平井康三郎作曲


花の都の空遠く 山々ひいで谷深み
木曽川いまだ源の 清例うたう宮ノ越
ああこの清きふるさとに 母校は立てり日義校


若き心は木曽山の 槍のごとく直けれど
山路にひらくりんどうの 剛毅と美とを失わず
ああいさぎよきふるさとに われらは育つ日義校


燃ゆる朝日の駒ヶ岳 夕日ににおう御嶽を
理想の空に夢みつつ やがては上がる君が旗
ああ英傑のふるさとに人とは成れと日義校


つつじ山吹橡の花 初夏高き鳥の声
巴が淵の水青く もみじの秋を映したり
ああ美わしの此の里に われらの誇日義校


校章について

日義小学校校章         日義中学校校章

                                             
校章の由来

「笹りんどう」の中に、「小・中」の文字を配したのが本校の校章である。

「笹りんどう」は、源氏の紋所であり、今を去ること900余年前の治承の世、当地に育った木曾義仲は、この紋所のもと源氏を復興せんとして、敢然と平氏に戦いを挑んだ。このたくましい闘志は、厳しい冬の寒さに耐え、あの清楚な花を咲かせる高原の植物「りんどう」の姿を彷彿とさせる。

  本校に学ぶ者は、あの闘志を胸に、「りんどう」の美しさをたたえながら、何事にも積極的に取り組み、弱い自己の心に打ち勝ち、美しく豊かな心の持ち主になることを願っている。